Redmi K30 5G 极速版が凄い!

“Xiaomiのサブブランド、Redmiから発売される最新スマホ「Redmi K30 5G 极速版」についてご紹介したいと思います。日本でもお馴染みのシャオミのサブブランドということで、気になっている方も多いのではないでしょうか。今回登場するRedmi K30 5G 极速版は、前モデルであるRedmi K30と同様、本体前面に2つのレンズを搭載し、背面には4つのレンズが搭載されています。画面は、20:9比率と見やすく、時間がない時にもすぐに充電できる30Wの急速充電に対応しています。
そして今回新しくなった点は、SOCに5G対応のsnapdragon768Gを採用している点です。話題の5G通信に対応したスマートフォンということで、今後も更に注目される一台になるでしょう。またREDMI K30と比べると、CPUクロックが2.4Hzから2.8Hzに改善された点や、GPUパフォーマンスが全体の約15%向上している点を含めてみても、かなりスペックが向上していることが分かります。
ちなみに前モデルであるRedmi K30は、2019年12月に発売されたsnapdragon730gを搭載するミッドレンジスマートフォンです。本体価格は2万5000円からと安価でありながら、6400万画素の広角カメラをはじめ800万画素の超広角カメラとマクロカメラ、200万画素のポートレートモードに対応した四眼レンズとなっています。バッテリーも4500mAhあるので、バッテリー持ちを心配することもありません。
前モデルがこれだけのハイスペックなスマートフォンであることから、今回発売されるRedmi K30 5Gは期待が高まりますね。ちなみにRedmi K30 5G 极速版も、Redmi K30同様に6400万画素のメインカメラに加え、800万画素の超広角カメラと500万画素のマクロカメラ、200万画素のクアッドカメラの四眼レンズとなっています。更に本体前面に2000万画素のメインカメラと200万画素の深度センサーが加わり、ハイスペックなスマートフォンであることが分かります。
気になる価格は、RAM6GBで128GBのストレージでおよそ3万1000円からということなので、非常にコスパも良く高性能なスマートフォンとなっています。本体カラーは、爽やかなブルーをはじめ、ホワイト、パープル、ミントアイスブルーの四色展開となり、期待が高まります。発売日は、2020年5月ということなので詳しい情報が気になる方は是非公式HPをチェックしましょう。”

Posted in 未分類 at 9月 14th, 2020. No Comments.

ポップアップカメラのUMIDIGI S5 Pro

“「UMIDIGI S5 Pro」は、最近のスマートフォンとしては珍しいポップアップ式カメラを搭載しています。中国のスマホメーカーUMIDIGIによって開発されたフラグシップモデルで、本体背面にトリプルカメラと深度センサーを搭載しています。またデザインは、ノッチのないベゼルレスディスプレイを実現したすっきりとした印象になっています。画面上部にあるインカメラをポップアップ式にすることで、最大限に映像を楽しめるようになり動画やゲームをより快適に楽しめる、といった特徴があります。
普段はインカメラが画面の中に収納されているので、スマートな印象です。自撮りをする時などインカメラが必要な時にだけ、作動するので無駄な動きもありません。普段からスマホで動画や映画を見る方にも嬉しいデザインと言えるでしょう。ただ、最初はポップアップ式に慣れていないと戸惑ってしまう方もいるでしょう。スマホを傷つけたくなくて、専用のケースを使っている方は注意してください。ポップアップ式カメラがきちんと作動するように、画面上部に穴が開いているものを選ぶことが大切です。
UMIDIGI S5 Proのカメラは、4800万画素のメインカメラに1600万画素の120度まで対応の超広角カメラがついています。更に小さなものでも綺麗に撮れる500万画素のマクロカメラが搭載されているので、カメラ性能を重視して選びたい方にも満足の一台となっています。マクロカメラを使うと、小さなものまではっきりくっきりと撮影することができるので、SNSに写真をアップされる方や、育てている植物の写真をカメラに収めておきたい方にもおすすめです。更に夜の夜景も綺麗に撮れるナイトモード付なので、昼間だけでなく夜の撮影も楽しむことができます。ポップアップ式になったインカメラは、1600万画素なので自撮りもより美しく、AMOLEDディスプレイなので綺麗な映像を楽しめます。画面サイズも6.39インチと大きすぎず小さすぎない使いやすいサイズとなっています。
本体カラーはブルーとブラックの二色がラインナップ、全体的にシンプルでおしゃれなデザインになっているので、年齢を問わずどんな方にも使って頂けます。またバッテリー容量が4680mAhと大容量ながら、本体価格は3万2500円ほどになると予想されておりかなり格安で最新のポップアップ式スマホを楽しめます。これから新しいスマホに買い替えを検討されている方は是非検討してみてはいかがでしょうか。”コンピュータ、周辺機器、モバイルデバイス用の新しいコネクタ、USB-C™コネクタが登場しました。USB Type-C™とも呼ばれ、単なるUSBをはるかに超えています。以前のものとは異なり、USB-Cコネクタにはさまざまな利点があります。what-is-usb-type-c

Posted in 未分類 at 9月 4th, 2020. No Comments.

Mi Note 10の気になるカメラ機能!

“シャオミの新しい5眼スマホ「Mi Note 10」のカメラ機能について、詳しくみていきたいと思います。今までトリプルレンズやクアッドカメラを搭載したスマートフォンは多く、見かけるようになりましたがまだ5眼レンズというのは非常に新しいです。綺麗に撮れるスマホが良い方、最新のスマホに買い替えたい方も是非検討してみてください。
ちなみにMi Note 10は、snapdragon730ℊと搭載したミッドレンジモデルです。かなりハイスペックなスマホを常時使っている、という方でなければスクロール時の動作に不便を感じることはないでしょう。日常使いとして使う分には、問題ないレベルなので安心してください。
何よりもMi Note 10の優れている点は、5眼レンズにふさわしい5260mAhという大容量バッテリーを搭載している点にあります。大容量になった分だけ、充電に時間がかかるのでは、と心配される方も安心の急速充電対応になっています。30Wの急速充電に対応しているので、外出時でもすばやく十分な充電が可能です。これだけバッテリー容量があると、数日間充電しなくても持つのではと思う方も多いでしょう。ただ電池持ちはびっくりするほど良い、という訳でなないのでどちらかというと、毎日こまめに充電してゲームなどでがんがん使う、という使い方がおすすめです。もし何日も充電せずにそのまま使いたい、という方には少し使いづらさを感じるかもしれないので、注意してください。
またカメラは、1億800万画素のメインカメラをはじめとする、超広角レンズに夜景モードが加わり、マクロカメラ、2倍と5倍の望遠カメラの五つのレンズとなっています。レンズの数でいうと、かなり優れたスマートフォンというイメージですが、実際一億画素のレンズで撮影してみると、撮影をした後すぐに画像を保存する処理がはじまり、そこから数秒間次の動作をすることができない、というデメリットもあります。確かに1億を超える画素数を搭載しているので時間がかかってしまうのは仕方ないことなのですが、次々に被写体にカメラを向けて撮影したい、という時には不向きかもしれません。
それでも東京駅のような明るさと細かいシルエットが見たまま、明るい場所と暗い場所の影の明暗もくっきり映し出せるそのカメラ性能は、非常に優れていると言えるでしょう。是非気になる方は、手にとって試してみてください。”

Posted in 未分類 at 6月 28th, 2020. No Comments.

Galaxy ZFlip はネット上で完売?

折り畳み式スマートフォン「Galaxy Z Flip」が既にネット上で完売した、と発表されています。Galaxy Z Flipは、スマートフォンとしては珍しい折り畳み式で日本では、2020年2月18日から予約受付が開始され2月28日に発売日初日受付分の引き渡し分が素手に配布されました。現在は、ネット上で購入できる分は全て完売となっており、折り畳み式スマートフォンが日本だけでなく世界でも注目される人気機種となっています。日本では、auのみの取り扱いとなっています。本体価格は11万9600円なので、決して安いスマートフォンではありません。開いた状態は普通のスマートフォンですが、折りたたむとコンパクトな正方形になる可愛らしいデザインです。折りたたんだ状態でも、約1.1インチのサブディスプレイが搭載されているので通知を確認することもできます。持ち運びに便利な新しい折り畳み式のスマホを使ってみたい方は、最新情報を公式HPで確認しましょう。

Posted in 未分類 at 6月 24th, 2020. No Comments.

Xperia L4の発売日は?

新しいスマートフォンとして発売時期が気になっている方も多い、SONYの新しいスマートフォン「Xperia L4」はいつ発売されるのでしょうか。今のところ、詳しい情報は発表されていませんが前モデルであるL3を参考にしてみたいと思います。欧州向けのローエンドモデルとして発売された「Xperia L3」は、2019年4月に発売されています。Xperia L4も今春発売、ということなので同じくらいの次期に発売されるのではないかと言われています。ただし日本で発売されるかどうかは分からないので、購入を希望される方はSONYの正式発表があるのを待ちましょう。もし日本で発売されない場合は、ネットで買い付けする形になります。詳しい購入方法なども合わせて情報をこまめにチェックしましょう。今お使いのスマートフォンが使いづらいなと感じている方、買い替えを検討されている方も、是非一度「Xperia L4」を検討してみてはいかがでしょうか。

Posted in 未分類 at 6月 22nd, 2020. No Comments.

Huawei nova 6 5Gと4Gバージョンがある!

nova 6 5Gには、4Gバージョンも発売されています。どちらもプロセッサkirin990を採用していますが、本体価格が異なります。4G版が3199元なので日本円でおよそ5万円、5G版は3799元となり5万9千円です。一万円弱違うので、安さを重視したい方には4G版がおすすめですが、スペックはなるべく高い方が良いという方は多少高くても5G版を選んでみてください。またnovaならではの3200万画素と800万画素のウルトラワイドを組み合わせたセルフィーとなっているので、初心者でも簡単に綺麗に撮れる点はさすがですね。ちなみにメインカメラは、4000万画素の広角カメラと800万画素の望遠カメラと超広角カメラを搭載したトリプルカメラとなっています。撮影時の光学手ブレ修正機能がついているので、ブレにくくなっている点も嬉しいですね。悩んでいる方は全体のスペックをしっかり確認した上でどちらのスマホがいいか検討してみてください。

Posted in 未分類 at 6月 18th, 2020. No Comments.

ノスタルジックなGalaxy Z Flip!

新しく登場するSamsungの「Galaxy Z Flip」は、横ではなく縦に折りこむ新しいデザインです。本体を折りこむと、コンパクトなサイズになるので一見、メイクのコンパクトかなと思うかもしれません。ディスプレイには、ガラス製のスクリーンを使用しているので、折りたたんだ時に中央部分がぐにゃっと曲がるデザインになっています。こんなにコンパクトになるのに、指紋認証デザインも本体サイドに搭載され、カメラ機能も超広角と広角のデュアル式になると予想されています。また便利なワイヤレス充電と、リバース充電にも対応するということで、出張が多い方や出先であまり充電ができない方にも便利ですね。以前のFOLDは、プラスチックスクリーンだったので、様々な問題が出ていましたが、今回は、ガラススクリーンを採用しているということで、折り曲げた時の感じや折り目がどのように改善されているかが注目ポイントになっています。最新の情報を確認しながら検討してみてはいかがでしょうか。

Posted in 未分類 at 6月 16th, 2020. No Comments.

AQUOSsense3 SH-02Mは人気!

2020年のおすすめスマホとして、AQUOSsense3 SH-02Mをご紹介したいと思います。本体代金は3万円ちょっとと格安ながら、電池もちが良く料理の写真や自撮り写真が簡単に綺麗に撮れると口コミでも評判です。スマホは毎日使うものなので、コスパが良いものを選びたいですよね。本体価格3万円なら分割で支払えば、月々の負担もそこまで高くありませんし、普段使いとして使える使いやすいスマホをお探しの方におすすめです。また指紋認証と顔認証のどちらも使えるので、さっとロックを解除したい時やセキュリティーがしっかりしたものを探している方におすすめです。snapdragon630搭載なので、処理能力も抜群、アウトカメラも1200万画素の標準カメラと広角カメラとなっているので、初心者の方でも十分に綺麗な撮影を楽しめます。また自撮りを良くされる方やSNSによく投稿される方も満足のインカメラ800万画素というスペックも嬉しいですね。

Posted in 未分類 at 6月 14th, 2020. No Comments.

AQUOS zero2はパラレル充電機能搭載!

AQUOS zero2の優れた点は、充電をしている最中も余分な発熱を抑える「パラレル充電」に対応しています。今までの充電機能は、充電ICが一つだったため発熱することもありましたが、zero2には充電ICが二つあります。発熱源が二つに分散させることにより、発熱を抑えてくれるので充電しながらアプリやゲームを思い切り楽しむことができます。特にスマホでゲームをされる方は、充電しながらも楽しみたいという方も多いと思います。どうしても充電しながらだと、発熱しやすかった従来のスマートフォンもzero2では、ユーザーの使いやすさを考慮して作られています。また四倍速ディスプレイなので、ゲーム中の残像を残すこともありあせん。くっきりとした画面を演出してくれる点も快適なゲームライフを楽しめる秘訣です。更に10憶色の表現力を持つ有機ELディスプレイによって、よりキレイに美しい映像を映し出してくれます。ゲームだけでなく動画をよく見る方、画面が綺麗なスマホをお探しの方は是非参考にしてみてください。

Posted in 未分類 at 6月 10th, 2020. No Comments.

AQUOS sense3が人気の理由!

これまでAQUOSsenseシリーズが人気を集めてきた理由は、そのコンセプトにあります。AQUOS sense3のコンセプトとは、必要十分を備えたスマートフォンです。売る側であるAQUOSだけでなく、実際に商品を購入する消費者側の本体の価格、商品としての価値が見合っているかどうか、これも人気の理由の一つと言えるでしょう。価格が安いだけでは、消費者は満足できません。価格に見合った性能、スペックを発揮していることも重要になります。そうした意味で、ユーザーの希望に合ったレベルを備えているのがAQUOSsenseシリーズだと言えますね。特にsense3は、必要なスペックを備えていることはもちろん、毎日使うものとしてストレスなく使える点が指示されていると言えますね。sense3は、前モデルであるsense2と比較すると、更に消費者目線で「必要十分」なスマホとは何かを追求してデザインされたスマホであると言えます。是非、一度検討してみてはいかがでしょうか。

Posted in 未分類 at 6月 8th, 2020. No Comments.