出色のiPhoneのカレンダー

iPhoneのカレンダーには、予定の場所と現在地を見て、自動的に出発時間を逆算してくれる機能が搭載されていま。たとえば、渋谷にある事務所から、東洋経済オンライン編集部のある日本橋までだと、徒歩と電車でだいたい40分程度かかります。編集部で打ち合わせがある場合は、45分前ぐらいに事務所を出るようにしているのです。このようなとき、iPhoneのカレンダーに場所を入力しておくと、現在地からちょうど間に合う時間に、通知が表示されるのです。これが、もし別の打ち合わせなどで、渋谷にいないときは、その場所からかかる時間に合わせて、通知が表示されます。日本橋により近い東京駅近辺にいるようなときは、打ち合わせの直前に通知が表示されるというわけです。場所を入力するだけでいいので、わざわざ前の予定を見て、どのくらい時間がかかるのかを考える必要もなくなるのです。「今日、シャンプーを買ってから帰る」といった予定は、カレンダーに入れづらいものです。ほかの予定と並べてしまうと、表示がゴチャゴチャしてしまい見づらいうえに、自宅近くのドラッグストアをうっかり通り過ぎてしまうこともあります。このようなときは、カレンダーではなく、リマインダーアプリを活用したほうがいいでしょう。リマインダーは単純にToDoとして予定を書き出していけるだけでなく、時間や場所まで指定して、通知を表示させることが可能です。たとえば、先に挙げたシャンプーを買ってから帰りたいときは、まず、それをリマインダーに入力する。その後、「詳細」から「指定日時で通知」や「場所で通知」をタップし、時間や場所を指定すればいいのです。

Posted in 未分類 at 8月 19th, 2017. No Comments.

最新モデルであるほど修理が難しくなっている

スマホのバッテリーは、スマホの利用が2年以上経過すると途端に充電の量が減っていきますよね。あれって意図的なんですかね^^

また、スマホは精密機器だから素人が中身をイジってしまえば壊れてしまう・・。なので、もしバッテリーだけ交換したければメーカーに依頼するか、専門家に頼む必要があります。とくにアップルやサムスンといった世界的なメーカーほど「最新モデルであるほど修理が難しくなっている」とか。これtって当たり前のように思ってきました。多くの機能や利便性が高まればそれだけスマホの構造も複雑になっているので、素人がバッテリーの交換ができるなんて思いもよりませんでした。

しかしある環境保護団体のIT分野先任アナリストも言っているように、「製品をデザインする際に修理便宜性を優先的に考慮しなければならない」と、私も思いましたね。

環境に対してもそうだとは思いますが、あれだけの技術力があれば、素人でも簡単に取り換え可能なバッテリーとその仕組み、作れるはずですからね~。最新機種を買って欲しい・・というのもよくわかるけど。。

Posted in 未分類 at 8月 8th, 2017. No Comments.