スティック型のWiMAX 2+ルーター「Speed Wi-Fi NEXT W04」、Bluetoothテザリングも対応

Speed Wi-Fi NEXT W04」は、WiMAX 2+/au 4G LTEに対応するファーウェイ製のモバイルWi-Fiルーター。auの2017年春モデルとして2月中旬に発売されます。本体価格が2万8080円、2年間利用時の実質価格が0円です。WiMAX 2+のみを利用する「ハイスピードモード」では、2波キャリアアグリゲーションと4×4MIMO通信を併用して、下り最大440Mbps(理論値)の通信速度で利用可能です。対応エリアは東名阪から展開し、2017年4月末までに、全国の主要都市に拡大される予定となっています。「ハイスピードプラスエリアモード」では、WiMAX 2+の2波と4G LTEの1波を束ねた3波キャリアアグリゲーションによって、主要駅などで最大370Mbpsで通信できます。4G LTEのみのキャリアアグリゲーションでは下り最大225Mbpsで通信可能です。上り速度もキャリアアグリゲーション(UL CA)と64QAMによって改善され、従来の約10Mbpsから約30Mbpsへと高速化しました。バッテリーモードは「ハイパフォーマンス」「ノーマル」「バッテリーセーブ」の3種類を用意しています。ハイパフォーマンスモードでは、4×4 MIMOとキャリアアグリゲーションを利用し、下り最大440Mbpsの速度を実現します。一方で、初期設定のノーマルモードでは、4×4 MIMOをカットし、キャリアアグリゲーションのみで通信を行うのです。その際の速度は、下り最大220Mbps。省電力を売りにするバッテリーセーブモードでは、キャリアアグリゲーションもカットし、下り最大110Mbpsに速度が低下します。

Posted in 未分類 at 5月 18th, 2017. No Comments.

auの学割天国は学生だけじゃない!

5月末日までの受付期間のau学割天国。子供を持つ親御さんは一度はauでのスマホ契約を考えられたことはあるんじゃないでしょうか。

auで新規契約をすること、スーパーカケホとU18データ定額20などいくつかのauのプランの条件を満たした契約をすることで、適用されるんですよね。

ただ、学割天国と言いつつ、実はこのプランは学生だけの割引きプランではなくて25歳まで使えるプランなんですよね~。au学割天国にはU18とU25の2つのタイプが設定されています。なので先に紹介したのはU18の方。

ではU25がどんなプランかと言うと、まずauで新規契約をすること、スーパーデジラの20か30どちらかのプランを利用すること。かなりのデータ量ではありますが、動画やゲームをがんがんやる人にとってはデータ制限を不安に思うことなく楽しめるのでおすすめのプランです。

5月末までの期間とはなっていますが、最終週などは混みあうことが予想されるので、検討はお早めに!

Posted in 未分類 at 5月 3rd, 2017. No Comments.

最新スマートフォン「AQUOS Xx3 mini」はスマートボディで高性能

スマートフォンを使用するときに気になるのが使いやすさや持ちやすさではないでしょうか?
長時間使用するときはスマートな方が疲れにくいので良いと思います。
そんな使いやすさや持ちやすさを兼ね備えたスマートフォンが登場しました。
それは最新スマートフォンの「AQUOS Xx3 mini」です。
この最新スマートフォンは幅約67ミリ、高さ約135ミリ、厚さ約8.6ミリ、重さ約134gという軽量スマートボディになっています。
また、幅が狭くて片手で操作できるから女性でも楽に使用することができますね。
さらに、滑らかな曲線と直接的な側面のカットラインによって、持ちやすさだけではなく、美しさも実現されています。
カラーバリエーションはブラック、ブルー、イエローグリーン、ピンク、ホワイトの5色が用意されていて、どの色もクリアな背面加工と側面の金属感が上品で繊細さを感じることができます。
カメラは約2,100万画素のメインカメラと約800万画素の広角インカメラを搭載していて、本格デジタルカメラ水準と言えるくらいのカメラですので、写真や動画を撮るのが楽しくなるでしょう。
撮ったものを4.7インチの大型ディスプレイで見て楽しむこともできますね。こうした最新スマートフォンを使用してみてはいかがでしょうか。http://www.samsung.com/jp/consumer/mobilephone/smartphone/

Posted in 未分類 at 4月 29th, 2017. No Comments.

iOS版「Amazon App」に音声アシスタント「Alexa」追加(米国で)

米Amazon.comは3月16日(現地時間)、米国のiOS版「Amazon App」に音声アシスタント機能「Alexa」を追加したと発表しました。これで、「Amazon Echo」などのAlexa搭載製品を購入しなくてもAlexaを使えるようになります。Amazon Appはこれまでも音声検索は可能だが、Alexaを搭載することで音楽再生や天気予報などの質問、サードパーティーのサービスを使える1万以上のskill(命令セット)の利用が可能になります(skillの設定には別途Alexaアプリが必要)。Alexaは、Amazonが2014年に米国で発売した音声制御Wi-FiスピーカーAmazon Echo(日本では未発売)のアシスタント機能として世に出た人工知能(AI)パーソナルアシスタント。2016年5月にWebでも使えるようになり、同社のオリジナルタブレット「Fire HD 8」および「Fire TV Stick」にも搭載されました。さらに、CES 2017ではLenovoやHuaweiが自社製品へのAlexa搭載を発表した。スマートフォンとしてはHuaweiが「Mate 9」でのサポートを発表しています。

Posted in 未分類 at 4月 27th, 2017. No Comments.

最新スマートフォン「nova」はデザインも魅力

最新スマートフォンの「nova」はHUAWEI JAPAN(ファーウェイ・ジャパン)から発売されているSIMフリースマートフォンです。
この最新スマートフォンはデザインがすごく魅力的だと思います。
持ちやすさも考えた曲線デザインやCNC加工によって削り出されたメタルボディが魅力的ですし、立体加工が施されたガラスも採用されていますので見やすさも兼ね備えています。
カメラは約1200万画素のメインカメラと約800万画素のフロントカメラを搭載していて、誰でも美しい写真が撮れるように高速フォーカスやメークアップアーティストとコラボして考えられたビューティーモード撮影機能も付いています。
バッテリーは通常使用で約2日間も使用できる長時間バッテリーを搭載していますので安心して持ち歩くことができますね。
ディスプレイは約5インチのフルHD解像度IPS液晶ディスプレイになっていますので、コンパクトボディでも大画面で楽しむことができます。
また、デュアルSIMを採用していますので、3GとLTEの同時待受けや2つの電話番号の待受けが可能になっていますので便利ですね。
こうした最新スマートフォンのカラーバリエーションはミスティックシルバー、チタニウムグレー、ローズゴールドの3色が用意されています。

Posted in 未分類 at 4月 9th, 2017. No Comments.

ジムの仕様を変更に

私もポケモンGOを楽しんでいる一人ですが、あまりジムには行かないんですよね。そもそもですが、ポケモンのゲームでは戦うっていうことは重要なんですよね?!^^そのへんも全く解っていないし、私自身がゲームで誰かと戦うということを好んでいないので、ジムの仕様が変更と言われてもあまり嬉しさは無いですね^^

なぜ、仕様が変わるのか・・。きっとポケモンファンの人なら「やっと変わるのね!!」と思っているんでしょう。ナイアンティックのはシニア・プロダクト・マネージャーの方の話しでは、「ジム戦の部分は大幅な手直しが必要です。これを改善し、システムの仕組みを大きく変えようとしています。」とのこと。へぇ~、そうなんですね^^

結局、人と人とが対戦できるように変えていく、ということなのでしょうか。私としては、それよりもポケモンを交換できる^^システムへと変更してもらえると嬉しいんですけどね~。これも多くのファンが待ち望んでいることだと思います♪

スマホの動きをよくする、メモリ「解放」とはなんだろう?

Posted in 未分類 at 4月 4th, 2017. No Comments.

スマホ音楽がたくさん聴けるようになります

スマホ音楽を楽しむ場合取り込むのが結構面倒だったりしますよね。
ついついダウンロード版を利用したりしてしまうものです。
しかし、持っているCDを簡単にスマホで音楽が聴けるようになればなんて考えてしまいます。
そんな悩みを解消してくれるものが登場しました。
それは、ワイヤレスプレーヤーなのですが、聴きたいCDをスマホで再生できるようになっているのです。
そのCDプレイヤーは「LDRW-CDPLWBK」なのですが、こちらなんとこれからiPhoneやiPadまで対応ををする商品も登場させるようです。
なので、iPhoneやiPadでもCDを再生できる事ができるようになります。
やっぱり古い曲だったりすると、CDで持っていたりしますよね。
懐かしくてスマホに入れたいと思った時に、こういう風に簡単にCDで聴きたいものが聴けるようになれればすごくいいなと感じました。
これでCDの曲を入れ込む手間もはぶけるので簡単でいいものです。
パソコンが苦手な方でも、これなら簡単にCDを聴くことができるようになりますよ。
今はスマホがあることで音楽もこのように気軽に聴くことができるようになるのでいいものですね。

Posted in 未分類 at 3月 31st, 2017. No Comments.

日本メーカー製のSIMロックフリースマホ『AQUOS SH-M04/SH-M04-A』

日本メーカー製のSIMロックフリースマートフォンってまだまだ少なく、だからと言って海外メーカー製のものは何だか物足りなさを感じます。そんな中、シャープ製の『AQUOS SH-M04/SH-M04-A』は、SIMロックフリースマホでは数少ない日本メーカー製端末。だからおサイフケータイに対応するなど日本人が必要とする機能を搭載しているんですよ。しかもディスプレイの綺麗さ・操作性・バッテリーの持ちなどもしっかり日本人ユーザーのニーズを把握しています。液晶アイドリングストップ搭載の5インチディスプレイは、美しい表示だけでなく省電力をも両立させたIGZO液晶ですし、持ちやすいボディサイズながら2700mAhの大容量バッテリーを搭載しているからバッテリーの持ちを気にすることはありません。防水(IPX5/IPX8)に対応している点も評価が高いポイントです。料理をしている途中、濡れた手で触ってもスムーズに電話に出られるって良いですよね。更にカメラ機能も充実していますよ。1300万画素のメインカメラで「おすすめプラス」を利用すると被写体に適した設定方法を表示してくれますし、「あとからキャプチャー」は動画から静止画を切り出せるという便利機能もあります。500万画素のインカメラは、美肌補正機能だけでなく画角約85度という広角レンズを採用しているため、背後の風景も十分写すことができるんです。1人旅でも自撮り棒なしの記念撮影ができそうですね。AQUOS SH-M04/SH-M04-Aは日本メーカー製だからこそ、快適に使えると思います。

Posted in 未分類 at 3月 29th, 2017. No Comments.

“格安スマホでは群を抜くZenfone3のスペックとコスパ “

SUSのZenfoneシリーズの何よりの魅力は、そのコストパフォーマンスの高さです。スペックの割りに、価格が大幅に抑えられていて、スマートフォン代の高さに悩む人にとっては、最高のスマホとなるでしょう。しかも、SIMフリーとなっているので、例えばAmazonでZenfone3を一度購入してしまえば、Softbankでも、DoCoMoでも、楽天モバイルやFREETEL、話題のLINEモバイルでも自由に使えてしまうのです。GBのメモリと、64GBの内部ストレージを備えた端末は、3万円から4万円程度で購入出来るAndroidスマートフォンとしては、非常に高スペックと言ってよいでしょう。普通のユーザーがスマホを使う場面で、スペックが足りなくなることはまずないはずです。また、日本ではあまり馴染みのないデュアルSIM機能を搭載していて、SIMカードの2枚挿しが可能となっているところも大きな特徴です。いずれのスロットもLTE通信に対応しているので、SIMカードを2枚持っている人は両方挿しておいて、デュアルスタンバイをすることが可能です。例えば、一方のSIMカードで4G LTEのネット通信を行いつつ、もう一方の3G回線のSIMカードに電話がかかってきたら着信できるのです。これまで、日本において3G/4G SIMカードでの同時待受ができる端末は殆ど存在しなかったので、非常に画期的な機能であると言えます。割賦販売かつSIMロックのかかったiPhoneを、8万円も9万円も出して購入するよりも、3万円台で購入出来るZenfone 3を買った方が圧倒的に自由度が高いことは間違いありません。Zenfone3は写真だけでなく、ビデオについても4K動画の撮影が可能であり、非常に高機能なカメラを備えているといえよう。
カメラは1600万画素で、非常に高精細な写真を撮影することができます。

Posted in 未分類 at 3月 6th, 2017. No Comments.

SDメモリーカードの本当の寿命は?

SDカードに写真や音楽データを保存しているという人は多いが、実はSDカードに大切なデータを保存しておくということは、非常に危険な行為といえる。何故かというと、SDカードやマイクロsdカードはあまり長期保存には向かない記録メディアだからだ。非常に高い確率で、2、3年後にはデータが消失してしまうか、SDカード自体を認識しないといったことが発生する。SDカードなどのフラッシュメモリー系を製造販売している会社にはサンディスクや東芝、ソニーなどのメーカーがある。これらメーカーではSDカードの寿命は通常、5年から10年程度と言われているが、実際は2年から3年程度がひとつの目安になるだろう。SDカードやマイクロSDカード、USBメモリーなどはフラッシュメモリー系と呼ばれており、電気によってデータの読み書きを行っている。特徴としては、記録メディア全体にデータを分散し書き込むため、ハードディスクのように特定箇所が読めないといったトラブルが発生しづらいメリットはある。一方で、一旦、読み込みや書き込みエラーが発生すると、あらゆる箇所で読み込み書き込みエラーが発生するため、保存してあったデータが全滅してしまったり、万遍なくデータが破損しているといったトラブルが良くあるのだ。一方、CD-RやDVD-Rなどは、温度や湿度、ホコリや日光などを管理しながら保存しておけば数十年はデータの保存が可能とも言われている。そのため、長期に渡ってデータを保存するなら、SDカードなどのフラッシュメモリー系ではなく、CD-RやDVD-Rなどを使った方が安全だ。
www.samsung.com/jp

Posted in 未分類 at 1月 25th, 2017. No Comments.