galaxy S10のバッテリーはどうなの?

スマホを購入する上でやっぱり気になるのが、バッテリーの持ちだと思います。日中、ゲームはあまりにしないという方でも毎日充電するのは面倒、朝はなるべくゆっくりしたい、充電する回数を減らしたいという方も多いでしょう。Galaxy S10は、充電しなくても3日はもつと言われていますが、使い方によります。毎日重たいゲームをしている方にとっては、やや不足かなといったところでしょう。ただSNSを閲覧したり、ニュースで情報を調べる程度、普段はそんなに使わないという方は十分なバッテリー容量だと言えますね。もし、バッテリーの減りが思ったよりも早いな感じる方は、スマホを使わない時はBluetooth機能をオフにするなどこまめに行うだけで、バッテリーの持ちがかなりよくなります。どうしても減りが気になる方は、試してみてください。カタログには、使うほどにバッテリーの持ちが良くなると記載もあるようなので、ある程度使っていくと本体も不要なアプリなどを判別してくれるのかもしれません。気になる方は、是非店頭で確認してみてくださいね。参照先URL

Posted in 未分類 at 8月 30th, 2019. No Comments.

AQUOS R3は明るさが二倍に!

AQUOS R3は、従来のRシリーズに比べて明るさが倍になりました。明るさの表現力が二倍になるとどんな違いがあるの?と気になりますよね。実際に使っている方の口コミをみると、明るい場所でのディスプレイの見やすさが全く異なるようです。屋内での操作は、画面が明るくないとスムーズにいきません。そういった意味で画面が明るくなったことで、暗い場所と明るい場所の明暗の差がはっきりつくので全体的にメリハリのある綺麗な写真を撮ることができます。更に10億色の表現力が加わればすごいことになりますね!今までのAQUOSシリーズをはるかに超える美しい映像を撮ることができます。旅先でみた美しい景色はもちろん、思い出に残しておきたいシーンも美しく残せます。残像を残さず激しく動く被写体もくっきりはっきり見えるので、目も疲れにくいといった点も魅力ですね。是非、明るさが二倍になって更に見やすくなったAQUOSのR3、試してみてはいかがでしょうか?

Posted in 未分類 at 8月 14th, 2019. No Comments.

タッチペン付きの大型スマホ「SAMSUNG Galaxy S8+」

“若者から人気のandroid端末というと、スマートフォンではSAMSUNG Galaxy S8+が有名です。
SAMSUNG Galaxy S8+は「Galaxyシリーズ」のスマートフォンなのですが、世界的に見ても流行のスマートフォンとして、今でも人気のスマートフォンとなっています。というのも、「大型で使いやすい」、「タッチペン付きスマートフォン」だからです。
このようなスマートフォンは、今まであるようで無かったため、SAMSUNG Galaxy S8+の人気は一気に火がつく形となりました。しかも、どことなく無骨なデザインとなっているのですが、丸みを帯びている形状となっているので、男性でも女性でも持ちやすいスマートフォンなのです。
SAMSUNG Galaxy S8+の特徴は他にもあり、バッテリー容量3300mAhとなっています。長時間の利用に対応しており、しかも別売り充電器の購入でワイヤレス充電も可能となっているのです。”

Posted in 未分類 at 7月 15th, 2019. No Comments.

“機種やメーカーの個性が一番見える所 “

現在のハイエンドスマホにおいて、競争が激しい分野がカメラです。アウトカメラはデュアル構成なのは当たり前、中にはトリプル(3つ)、クアッド(4つ)と数多くのカメラを備えているものすらあります。片側にカメラが複数ある場合、それぞれの“役割”をしっかりチェックしましょう。より広い範囲を撮影する機会が多いなら広角カメラは外せませんし、より遠くを撮影する機会が多いなら望遠カメラは欠かせません。何をどう撮影するのか、イメージしながら検討しましょう。複数のカメラを持つ機種の場合、それぞれのカメラの役割や特性を調べておきましょう。昨今では、単純な「写り(映り)」だけではなく、AI(人工知能)を生かした機能を数多く取り入れる動きもあります。一般的な所ではAIによる被写体(シーン)認識が知られていますが、AIを使って被写体に関連する情報を検索してくれたり、写っている文字列をリアルタイム翻訳してくれたりする機能を備える機種もあります。こういったカメラにまつわる便利機能を考慮に入れるのも“あり”です。

Posted in 未分類 at 6月 22nd, 2019. No Comments.

“ハイエンドは“大きめ” 片手操作補助があると便利 “

日常に欠かせないスマホ。日々手に取るからこそ、本体や画面のサイズ、本体の重量と形状はしっかり確認したいポイントです。本体サイズですが、基本的に画面サイズに比例して大きくなります。ハイエンドスマホの多くは、映像表現を重視する観点から大きなディスプレイを搭載する傾向にあり、片手で使うには厳しいかもしれません。どうしても片手で使いたいという人は片手操作をアシストする機能の有無を調べてみましょう。手に持って使う場合は、重さや本体形状も重要です。重量は軽ければ軽いほどいい……と言いたいところですが、ハイエンドスマホの多くはさまざまなデバイスを備えるだけにそこそこの重さがあります。それだけに、重量そのものよりも重量バランスが重要です。ある程度重量のあるモデルでも、バランスが良ければ長時間持っていても意外と疲れません。これだけは数値だけでは分からない点なので、形状の確認を兼ねて、実機を手に持ってみることをおすすめします。スマホ バッテリー

Posted in 未分類 at 6月 8th, 2019. No Comments.

泡タイプのソープでも洗える?「arrows Be F-04K」

arrows Be F-04Kは、落としても割れにくい点をセールスポイントにしています。その頑丈さは、なんと重さ100㎏の荷重に耐えられるほど頑丈です。例え側面のフレームが曲がったとしても、ディスプレイは破損しないように頑丈に作られているのでアウトドアにもおすすめです。落としても割れにくいスマホをお探しの方、キッチン周りやお風呂で動画をみたりスマホを使う方におすすめです。例えば、料理中に調味料をこぼしてしまっても安心です。ボディ全体を泡タイプのソープで洗うことができるので、長期にわたって衛生的に使うことができます。ディスプレイ表面のガラスには、耐傷性と割れ耐性にすぐれたゴリラガラス5を採用しているので、丈夫で長持ちします。また細かい字も5倍まで拡大可能、くっきり機能を使えば非常に見やすくなります。ネットで検索をよくされる方、外でも使用頻度が高い方におすすめです。どうしても落下による画面のヒビ割れなどが気になる方も多いと思いますがこれなら、汚れても安心ですね。

Posted in 未分類 at 5月 31st, 2019. No Comments.

「価格」から「信頼」へ ブランドアップが2019年の重点課題

Xiaomiが2019年3月に発表した2018年度決算によると、スマートフォンに加えIoT製品も好調な販売を記録していて、売上高は約1749億元、利益は約135億元と黒字となりました。2018年第4四半期だけを見ると売り上げが若干落ちているのですが、これは2019年に向けての製品販売スケジュールの調整によるものです。現在低価格モデルとして展開しているRedMiは、2019年から別ブランドとしてXiaomi本体とは別の製品として販売される予定です。つまりハイスペック、プレミアムブランドの「Mi」(Xiaomi本体)と、低価格、高コストパフォーマンスのRedMiが別々に展開される予定となっているのです。この戦略はHuaweiの「Honor」が成功を収めていて、今やHonorは「オンライン向け、コストパフォーマンス製品」ではなく、専用のリテールストアを持ち、しかもプロセッサにKirin980を搭載するハイスペックモデルもそろえる一大ブランドにまで成長したのです。

Posted in 未分類 at 5月 25th, 2019. No Comments.

話題のミドルレンジモデル「Galaxy Feel2」

“テレビやメディアを通じて知名度を上げている最新機種に、Galaxy Feel2があります。
こちらは話題のミドルレンジモデルと言われているのですが、Galaxy Feel2は、「自社開発のExynos 7885を搭載している」ため、話題となっています。しかも、ミドルレンジモデルなのにOLEDという、「有機ELディスプレイ」も搭載しているので、少しでもハイスペックなミドルレンジモデル、そして高級感を得られるスマートフォンを探している場合は、Galaxy Feel2を選択すると良いでしょう。
Galaxy Feel2のスペックとしては、本体サイズが149x70x8.4mm、質量が168gとなっておりますので、最軽量ではありませんが、最軽量に近い辺りも優秀なスマートフォンと言えます。今では動画視聴、ゲーム、SNSなどを通じて、1日5時間以上もスマートフォンを操作している人が増えているため、ほんの僅かでも軽いスマートフォンを選んだほうが、楽しい時間をより充実したものにできます。”

Posted in 未分類 at 5月 19th, 2019. No Comments.

ドコモの「Galaxy S9」、機種変更でも一括約1万円に 「端末購入サポート」適用で

NTTドコモが、3月20日から「端末購入サポート」の対象機種を拡大し、「Galaxy S9 SC-02K」の機種変更でも適用可能としました。端末購入サポートは、対象機種を12カ月間使い続けることを前提に、端末代金を割り引くサービス。価格は全て税込となっています。Galaxy S9では8万4240円が割り引かれ、ドコモオンラインショップ限定のSPECIAL特典の5184円引きも加えると、一括1万368円になります。ちなみに、新規契約とMNPも同様の割引を受けられるということです。機種変更も対象としたことで、ドコモユーザーもお得にGalaxy S9を入手できるようになりました。これは、かなりお得なサービスとなっているので機種変更の時期のユーザーには朗報です。端末購入サポートでは、12カ月以内に機種変更や解約などを行うと、解除料が発生する。解除料は割引額の半額となるそうです。Galaxy S9の場合は4万2120円の解除料が掛かります。

Posted in 未分類 at 5月 15th, 2019. No Comments.

Androidスマホのバッテリー大量消費の原因

以前にAndroidのバグについては「microSDカード」が原因だと言ったが、バッテリーだけが大量に消える場合は、原因は別にある。この状態については、とある記事を参考にしてまとめていこうと思う。原因を単刀直入にいうと原因はスマホではなく、Google play開発者サービスの問題だ。だからスマホをいくら調べても問題が出ない可能性がある。そんな時の対処法を簡単にまとめていこうと思う。この状態になるきっかけは今のところ二つあり、特定のwifiに繋げるか、充電をしているか、だ。根本的な解決法は今の所見つかってはいないようだが、一時的な対処法ならある。まずはwifiを繋げてみて、電力の消費が激しいならすぐ切る。充電の方は電源の増え方に注意しながら見れば抑えられるだろう。私はAndroidを持っていないのだが、友人が持っているためよく相談に来ることがある。そのためこの方法を教えたら治っているため、皆さんも是非試してみるといいと思う。スマホ バッテリー

Posted in 未分類 at 5月 11th, 2019. No Comments.