“スマートフォン比較 やっぱりソニーか “

今だからこそ、どのスマートフォンが買いなのかしっかりチェックをしたいものです。スマートフォン比較しましょう。

スマホおすすめは、Xperia(TM) Z2 SO-03Fです。

Android 4.4、1,920×1,080(フルHD)、 メイン:約2070万画素 サブ:約220万画素。

ソニーが開発し、世界中で高い人気を誇るスマートフォンです。ソニーも、なかなかここへ来てやっぱり頑張ってるぞと、主張をしている感じです。

ソニーの最新ミュージックプレイヤーと高品質のカメラ機能を搭載していることなど、技術は、大きくここに集結している感じです。他のどんなスマートフォンと比較をしても充分競うことが出来るスマートフォンなのではないでしょうか。

フルHDの4倍の解像度で動画撮影が可能になったのです。防水・防塵機能やワンセグ、おサイフケータイなど、もう当たり前です。

スマートフォンは一体なんのためにあるのかといえば、電話だけでなく、カメラ・ミュージックプレイヤーだという人たちに使っていただきたい。

Pokemon Goに最適な スマホ

Posted in 未分類 at 8月 4th, 2016. No Comments.

お互いの居場所を地図上で共有できる

小さい子供やお年寄りがいる家庭では重宝しそうなアプリです。これはソフトバンクのスマホを利用している人が使えるアプリで、名称は「みまもりマップ」と言います。先月の30日からサービスがスタートしていますが、「いまここシェア」「ついたよ通知」と言った機能があるそうです。

いまここシェアは、事前に登録をしておくことで、お互いがどこにいるのか地図で知ることができるというサービス。よく、居場所を知りたい相手をGPSを使って確認することができるサービスは耳にしますが、お互いの場所が地図の上でわかる、というのは便利ですよね。待ち合わせなどは勿論、災害時などに電話をかけられなくてもアプリを使うことでお互いがどこに居るのかがわかるんですから。

またついたよ通知の方は、事前に指定しておいた場所に到着したら通知が来るという機能。その場所から出発した場合にも通知が来るんですって。なので、子供が学校に到着した、または学校を出たということがわかるんですね~。あるいは、スマホを使えないお年寄りも、持たせておけば病院にちゃんと到着し、診察後に病院を出た、ということがわかるわけです。

これだけでもとても便利なアプリですが、さらに災害時には災害情報が通知されたり、救護を求めることができる「SOS」「SOSブザー」といった機能というものも備えられているそうです。

Posted in 未分類 at 8月 3rd, 2016. No Comments.

arrows M03はドコモとauの両方で

ケイ・オプティコムから発売されたSIMフリースマホ、arrows M03。このスマホがドコモとauの両方で利用できることがわかったそうです。

ケイ・オプティコムが出しているスマホのサービスはmineoと言い、今回この富士通のarrowsとハーウェイのHUAWEI P9 lite、そしてASUSのZenFone Goも提供されているんですよね。ちなみに、富士通以外はドコモのプランとなっているそうです。

いつも思うんですが、ドコモやau、ソフトバンクなど大手キャリアの回線を利用。しかもスマホはこのキャリアでも発売されているものとほぼ同じクラスであれば、絶対SIMフリーの方を選びますよね^^価格が全然違うわけですから。ということはですよ。これだけ価格を低く抑えられるはずなのに、大手キャリアの価格はなぜ高いままなのか。。謎ですよね~~。

arrows M03はミドルレンジのスマホだそうですが、富士通の強みである防水性、防塵性が備えられ、おサイフケータイ、ワンセグなどにも対応しているとのこと。そして、miseo限定のカラーもあるんですって。

今、ドコモのスマホやauのスマホを使っている人たちも、次第にこのようなSIMフリースマホへと移行していくと思われますね!うんきっと。

Posted in 未分類 at 7月 18th, 2016. No Comments.

” スマホ比較やっぱりXperia X Performance SO-04Hか “

この夏、どんなスマートフォンに私達は注目すればいいのでしょうか。この夏、スマホ比較しましょう。こんなにスマートフォンがおすすめ。やっぱり、この夏一番はXperia X Performance SO-04Hです。

背面をメタル素材に、フラグシップモデルのXperia Zからこんな感じで変身しました。メタルの質感を際立たせるヘアライン加工とサンドブラスト加工も自慢したいのですが、

スマホカメラにも是非是非注目していただきたい。約2300万画素のメインカメラとフロントカメラもイメージセンサーを一新し、約1320万画素へと進化を果たしました。高速起動を実現しており、カメラを起動からオートフォーフォーカスまで0.6秒、あんなシャッターチャンスもこれなら絶対の逃さない。

いちいちカメラを鞄から出すなんてしてたら、チャンスなんてすぐに逃げて行ってしまうのです。Xperiaシリーズ最速の実感を注目していただきたい。そして、みなさんの大きな悩みバッテリー問題も改善したとのことです。

Posted in 未分類 at 7月 15th, 2016. No Comments.

人物写真は、まず「太陽の位置」から

人物を撮影する時、「順光」と、「逆光」、どちらで撮るかといえば、光がダイレクトに被写体の顔に当たるから明るく写ると考え、「順光」で撮る人が多いのではないだろうか。 ところが実は「逆光」の方が人物写真に向いている。被写体の正面から光を当てると、全体的に明るく写せるが、顔にかかる髪の毛などで影ができたり、被写体となる人が、眩しさで目を細めてしまったりする。その点、逆光の場合は影ができにくくなり、目を細める心配もない。ただし、太陽が被写体の真後ろにあると、人物が暗くなってしまうこともある。理想的な太陽の位置は、被写体の斜め後ろ。サイドからほどよく光が当たって、明るく撮影することができ、日差しが強くても、ふんわりとした雰囲気に仕上がる。逆光のポジションが見つからない時は、日陰で撮影するのもOK。日陰だと、被写体に当たる光の量が均一になり、顔に影がかかる心配がなくなる。背景に植物があった場合など、植物に光が透けて鮮やかで、日陰ならではの仕上がりとなる。太陽の位置の他に、さらにキレイに写すためのアイテムを用意し、逆光で撮ると影はできないが、全体的に落ち着いた雰囲気となる。そんな時のために「レフ版」を活用するのだ。

Posted in 未分類 at 7月 11th, 2016. No Comments.

今オススメのスマホアプリとは?ストーリー性のある音楽ゲームはいかが?

スマートフォンのアプリゲームは本当に毎日新作が何本もリリースされるほど、たくさんの種類があります。

その中でも音楽ゲーム、いわゆる音ゲーと呼ばれるもので、新しいアプリが倒叙していて、今注目されています。

「VOEZ」というアプリで、これまでも人気のリズムゲームを作っていらっしゃる台湾のゲームメーカーさんの最新リズムゲームです。

まず、絵が綺麗です。

ミステリアスというよりも、どちらかというと、透明感や清涼感のあるみずみずしい印象のイラストと、世界ガンが展開されています。

ゲームとしては落ちてきたダイヤ型のボックスを下のバーに重なった時にタップするという、よくある音ゲーです。

もちろんそのゲーム自体の楽しさもありますが、さらにプラスの要素も注目。

音ゲーなのに、プレイした曲数やスコアによって、日記が読めるようになって、ストーリーを楽しめます。

また日記が読めるようになるとキーと呼ばれるアイテムが手に入って、これを使って新しい楽曲を楽しめるようになりますので、やり込みの要素もあるようです。

爽やかな6人の若者が繰り広げる青春ストーリーとなっているそうですので、ぜひ楽しんでみてはいかがでしょうか?

Posted in 未分類 at 7月 9th, 2016. No Comments.

“auスマホ もっと君たち勉強をしなさい “

auスマホ族のみなさん、人生を有意義に過ごしていらっしゃるでしょうか。やっぱり、会社から帰宅しているとき、徒歩の時など、私達は、時間のロスと考えているのです。そんな時にauスマホがあれば。

む本当に、みなさんがauスマホで日々勉強をしていれば、東大にも簡単に合格出来るのかもしれませんが、日々、歩きスマートフォンでしていることといえば、出会い系アプリだったりと。ソーシャルネットワークサービスだったりと。

出会いも私達の世界で大事なことかもしれませんが、そんな希薄な薄い出会い、積み重ねて意味があるかそろそろ判断しなければならないときです。

二宮金次郎は、歩きながらも本を読んでました。二宮金次郎は、絶対に、現代社会の歩きスマートフォン現象に批判などできないのです。しかし、敢えて二宮金次郎が文句をいうことが出来るのなら、歩きながら、出会いなんて求めているな!勉強をしろといいたいのです。

スマートフォンで学力は、間違いなく低下しているとか。

Posted in 未分類 at 7月 8th, 2016. No Comments.

“DTI SIM、通信速度制限の緩和とデータ容量繰り越しサービスを提供開始 “

DTI SIMは、4月29日から制限基準にあたる連続する3日間のデータ通信量を緩和します。5月1日から使い切れなかったデータ容量を翌月に繰り越す「データ容量繰り越しサービス」も提供するとのことです。ドリーム・トレイン・インターネット(DTI)は、4月22日にモバイル高速データ通信サービス「DTI SIM」で「通信速度制限の緩和」および「データ容量繰り越しサービス」の提供を発表しました。DTI SIMでは連続する3日間のデータ通信量を超過した際、通信速度制限を設けているのですが、4月29日0時から適用基準を緩和しました。1GBプランは従来の366MBから700MB、3GBプランは1GBから2GB、5GB/10GBプランは3GBとするとのことです。また、使い切れなかったデータ容量を翌月に繰り越す「データ容量繰り越しサービス」を5月1日0時から開始します。契約プランのデータ容量と同量まで翌月に繰り越し可能となり、繰り越されたデータ容量を含んだ現在利用可能なデータ容量は「MyDTI」で確認できMASU。さらに繰り越す残存データ容量との合算値が契約プランのデータ容量以内であれば、追加購入したデータ容量も繰り越せるのです。なお、本サービスはキャンペーンで無料もしくは割引価格で契約をしている場合にも適用となります。

Posted in 未分類 at 6月 22nd, 2016. No Comments.

“スマホ性能 Androidはトラブルが多い “

スマホ性能を意識すれば、やっぱり格安スマホではNOということになるかもしれません。 スマホ性能を意識して、私達はどのようなスマートフォンを購入すればいいのでしょうか。

iPhoneかAndroidか、実際に、スマートフォンが不具合を起こすというのは、85%の割合で、Android OS搭載端末で起こっているのです。そして、Androidのスマートフォンでも一番問題を起こすリスクが高いのが、Samsung製のスマートフォンだと言われています。私達が、出来るだけ、トラブルを回避したいというのなら、やっぱり、Samsung製を避ければいいということになります。

Android搭載端末のなかで、最も高い割合を占めたのがSamsung製で27%、次がLenovoで21%、3位がMotorolaの18%、4位はXiaomiの11%、5位Asus8%、この数値を是非、参考にして購入していただきたいと思います。

そして、スマートフォンで故障をもっとも起こしやすい場所は、スマホカメラだったのです。

Posted in 未分類 at 6月 19th, 2016. No Comments.

持ち運べるグランドピアノ?『大人の紙鍵盤』登場

子どもの頃、グランドピアノに憧れていた~という人は少なくないでしょう。私も昔グランドピアノを持っている友達を憧れの目で見てましたよ。うちは置き場所がなくて諦めましたけど。おかげでピアノはやりたかったのに全然できません。しかし!そんな私にも朗報が!?なんと置き場所がなくてもグランドピアノが手に入るというニュースを耳にしました!折り畳み式の鍵盤とスマホアプリを連携して、ピアノ演奏を楽しむことができる『大人の紙鍵盤』がクラウドファンディングサイト「Makuake」で登場したのです。『大人の紙鍵盤』はプラスチック製の厚さ2ミリの鍵盤で、グランドピアノと同じ88鍵を搭載しているそう。折り畳むとCDサイズになるみたいですよ。これならどこでもコンパクトに持ち運べますね。音色は実際のグランドピアノからサンプリングしたもので、タッチの強弱も5段階で感知するそう。思ったより本格的じゃないですか!ちなみにアプリ(今のところiOSのみ)と鍵盤は、Bluetoothでワイヤレス接続して音を出力させます。今後、ピアノだけでなく他の楽器の音色も開発予定だそう。将来さまざまな音色が出せるようになれば、気軽に皆で楽器演奏会ができてしまうかもしれませんね!楽しそう!現在クラウドファンディングサイトにて、この『大人の紙鍵盤』パイロット版を購入できる支援コース(8000円~)を募集中。出荷は来年1月ごろの予定です。製品版が1万9800円になる予定なので、購入するなら今がチャンスかもしれませんね。

Posted in 未分類 at 6月 17th, 2016. No Comments.