スマートフォンからカジュアルに音楽を楽しむエレコムのスピーカー

定額制の音楽配信サービスなどが話題になっていますが、その音楽をどのように楽しむのかも重要になってきています。
最近のオーディオ機器にはほとんどと言っていいほどBluetooth機能が付いていて、ワイヤレスで、スマホやタブレットから音楽を楽しめるようになっています。
そんな中エレコムが発売したのは、一風変わった正方形のスピーカーです。
音楽に合わせてLEDライトが光るというもので、12月上旬ごろに発売する予定だそうです。
マイクも内蔵しているので、スマホをハンズフリー通話も可能です。
通話のアイテムとしても使えるという面白い発想のスピーカーですね。
コンパクトですが、重低音をきちんと実現するスピーカーとのことで、音質にも自信を見せています。
しかも重さわずか224gとのことでとても小さいスピーカー。ちなみに充電は最大で3.5時間ですが、モバイルバッテリーなどから充電も出来そうですので、きちんと準備すれば長時間の使用にも耐えられそうです。
ちょうどクリスマスの時期に発売とあって、小さなホームパーティーでの使用や、プレゼントとしても面白いかもしれませんね。
ともあれ、実際どんな音がするのか、気になるところ。
お店に出始めたら、是非その音を聞いてみたいものですね。

Posted in 未分類 at 11月 28th, 2015. No Comments.

メタルになった今週発売の新型INFOBARをしっかりチェック!グッドデザインを受賞!

2015年初頭に発売されたINFOBARの新モデル「INFOBAR A03」。NISHIKIGOIカラーなど、これまでのイメージを残しつつも、金属筐体を採用するなど、随分印象が変わったデザインとなっています。デザイン面の大きな変化は金属筐体にあります。アルマイト加工のアルミニウムボディーが背面に用いられていることから剛性が強くなり、白くてプラスチックの印象が強い、初代INFOBARスマホとは正反対なのですが、高級感は増しているのです。大きく変化しているのはキーも同様です。平坦なタッチ型キーが採用されているのが特徴となっているのです。ディスプレーには4.5型フルHD液晶(1080×1920ドット)を採用しています。初代INFOBARスマホは3.7型で横幅も63mmだったので(A03は68mm)、絶対的には大きくなっているのですが、イマドキのスマホの中ではコンパクトサイズですね。サイドに丸みがあって持ちやすいのもポイントでとてもファッショナブルですよ。そのほかのスペックも高くて、CPUは2.3GHzでクアッドコアのSnapdragon 801、メモリー2GB、内蔵ストレージ16GB。キャリアアグリゲーション/WiMAX 2+/VoLTEといったauの最新ネットワークに加えて、フルセグ、赤外線通信、おサイフケータイ、防水・防塵と機能的にはフルスペック対応となっているので必要十分といってもいいでしょう。ただし、バッテリー容量だけは2020mAhとやや小さめですね。
http://www.samsung.com/jp/consumer/mobilephone/tablet/au

Posted in 未分類 at 11月 20th, 2015. No Comments.

LINEで友だちと写真を共有できる「アルバム」機能使ってる?

今や人気アプリトップの座を欲しいままにしているLINEですが、長く続いているグループラインなどで「保存期間が過ぎて写真が保存できなくなった」なんていう経験はありませんか?今回は保存期間を気にせずに写真を共有できる方法を紹介します。LINEの写真は期日がくると削除されるようになっています。基本的にダウンロードをして本体内に納めればいいのですが、そうすると知らず知らずのうちにスマホ本体のメモリも圧迫してしまうので、LINEサーバ上に写真を置くことができたら便利なことこのうえないのです。実は「アルバム」機能を使えば、保存期間に関係なく写真を友人と共有できます。まず、グループトーク欄右上にあるメニューボタンを押して、メニューバーからアルバムを選択します。そして右下にある緑色のカメラボタンを選びましょう。共有したい画像を選択して右下の選択ボタンを押して、アルバム名を入力します。最後に右下のアルバム作成ボタンを選択すると、アルバムを作成することができます。これで保存期間を気にせずに写真を共有できるということですね。これで二人あるいはグループでの共有写真などをずっと残すことができるようになります。
 

Posted in 未分類 at 11月 18th, 2015. No Comments.

「クリエイティブな道具」としてのiPad Pro

「コンテンツやアプリ、さらにはインターネットを気軽に楽しむ」という用途で考えると、iPad ProはこれまでのiPadよりも使い勝手が悪いといえます。カジュアルさとモバイル性で比較すると、持ち歩きも取り出しもしやすいiPad Air 2やiPad mini 4の方が明らかに適しているので。では、iPad Proの真価が発揮されて、そのユーザー体験が光る使い方はどのようなものなのでしょうか。それはこれまでMacBookが担っていた「クリエイティブな道具・生産のためのコンピュータ」という用途だといえます。この使い方において、iPad Proの優位性となる要素が一つあります。それは高性能なプロセッサです。iPad ProはAppleの第3世代64ビットアーキテクチャ「A9X」プロセッサを搭載しています。これはiPad Air 2の約1.8倍の処理能力と、最大2倍のグラフィックス性能を発揮することができるのです。アップルによりますと、2014年に発売されたノートPCよりも約8割処理能力が高く、さらに同時に3本の4Kビデオストリームの動画編集もこなす実力を持つということです。今回もアプリの動作は常にサクサクと快適であり、動作がもたつくようなことは一切ありませんでした。プロセッサやソフトウェアのアーキテクチャが異なるので単純比較はできないのですが、MacBook(2015年モデル)と比較してもまったく見劣りしない処理能力だったのです。
 

Posted in 未分類 at 11月 13th, 2015. No Comments.

スマホのバッテリーの減りが早い?

スマホを使用をしていて、充電が減るのが早いなと感じてしまい事があったりしますよね?
充電をいっぱいしていたとしても、1日持たない事なんてよくあります。
なので、どうにかして充電を持たせたいなんて思いもあります。
しかし、使用をすると充電がなくなるのは仕方がない事です。
もちろん、モバイルバッテリーがあれば、外出先などでも充電がなくなった場合充電ができます。
しかし、みんながバッテリーを持っている訳もでなく、バッテリーが高いと言って持っていない人もいます。
そんな場合、どうにかして節電をしたいものです。
スマホのバッテリーを減らさないようにするためには、画面の明るさを変えてみるのもおすすめですよ。
画面の明るさを少し変えるだけでも持ちが良くなります。
また、アプリによってはバッテリーを多く消費してしまうものもあったりするそうです。
なので、不要なものは消去をするといいですね。
また、多くバッテリーを消費してしまうアプリを調べる事もできるそうなので試してみてください。
そして、どうのようにしてもバッテリーが減らせない場合は、スマホのバッテリーが古くなっている可能性もあります。
やはり、長く使用をしていると、バッテリーも劣化をして、バッテリーが長く持たなくなるのです。
なので、そうなった場合は、スマホ交換も検討をしていかなくてはいけませんね。http://dime.jp/genre/194301/

Posted in 未分類 at 11月 12th, 2015. No Comments.

ソフトバンク・pepperの料金・購入方法

ソフトバンクは2015年6月18日、「Pepper」の一般発売を20日から開始すると発表しています。
Pepperは人型にデザインされたパーソナルロボットです。感情認識機能とクラウドベースのAI(人工知能)を備えているのが特徴となっているのです。Pepperは2014年6月5日に初めて披露されて、2015年2月27日からは開発者向けに300台が限定発売されていました。新たに一般向けに発売するPepperは月産1000台以上(6月販売分は1000台)を発売しています。
Pepper購入時には保険の加入が必須で、Pepperはソフトバンクロボティクス(2014年6月の発表当時はソフトバンクモバイル)と仏アルデバランロボティクスが共同開発して、台湾フォックスコン・テクノロジー・グループが製造するといった多国籍展開となっているのです。Pepperの本体価格は19万8000円(税別)。ロボアプリの開発などに利用する場合はPepper本体だけを購入して開発に利用することができますが、一般ユーザーがPepperを活用するには本体を購入しただけでは十分ではありません。Pepperの最大の特徴である会話機能は「感情認識エンジン」や「クラウドAI」と連携しているので、それらをネットワークに接続して利用することになります。これらは「Pepper基本プラン」への加入とログインが必要になりますが、Pepper基本プランは月額で1万4800円となっているのです。
もっとも故障すると修理には30万~70万円程度かかってしまうため、9800円×36カ月(分割支払い)のPepper保険パックに入ることがお勧めですし、実質的にはこのプランが必須ということになるでしょう。

Posted in 未分類 at 11月 10th, 2015. No Comments.

スマホ 比較 カメラはどうか

スマホ 比較をしてベストなスマートフォンをゲットしていただきたいですね。 HTC J butterfly HTV31は、前面1300万画素のインカメラ、背面には2つのレンズで構成される約2,020万画素のデュオカメラを装備されています。
HTC J butterfly HTV31は、スマホ カメラ画素数が高いことが特徴的な製品です。
「スプリットキャプチャ」と「リアルタイム美肌効果」という機能をしっかりサポートしてくれています。
Xperia Z4も今回おすす
めしたいスマートフォンです。Xperia Z4はメインカメラ有効約2070万画素、インカメラ有効約500万画素です。「スタイルポートレート」や「ARマスク」と言った他のスマートフォンには見ることが出来ない面白アプリにも注目をしてください。
AQUOS SERIE SHV32もおすすめです。メインカメラは有効約1310万画素、インカメラは有効約210万画素です。一瞬を記録する超高速撮影、 微速度撮影などここにも魅力的機能が一杯備わっています。

Posted in 未分類 at 11月 3rd, 2015. No Comments.

スマホ 充電 バッテリーは交換したい

スマホ 充電がなかなか出来ないで困っている人たちもおられるでしょうか。バッテリーの問題もかなり深刻です。バッテリーはすぐに交換出来るスマートフォンの方が私達にとって都合が良いと考える人たちも多くいらっしゃるのではないでしょうか。
バッテリー交換出来るスマートフォンを一番多くラインアップしているのはauのようです。
LG Electronics製のスマートフォンにその傾向を多く見ることが出来ます。SAMSUNGのGalaxyS6シリーズがいいという人たちがおられるようですが、SAMSUNGのGalaxyS6シリーズの場合、バッテリーのその流れにはかなり逆行しているともいえます。
SIMフリー端末メーカー各社に対してこのようなことをもっと考えていただきたい問題です。
キャリア契約ナシではバッテリー交換を含む修理サポートが受けられない環境があります。まるでスマートフォンはバッテリーなど交換すべきではない、使い捨て商品だと言っているようなものではありませんか。
 

Posted in 未分類 at 11月 1st, 2015. No Comments.

スマホ 充電 バッテリーは交換したい

スマホ 充電がなかなか出来ないで困っている人たちもおられるでしょうか。バッテリーの問題もかなり深刻です。バッテリーはすぐに交換出来るスマートフォンの方が私達にとって都合が良いと考える人たちも多くいらっしゃるのではないでしょうか。
バッテリー交換出来るスマートフォンを一番多くラインアップしているのはauのようです。
LG Electronics製のスマートフォンにその傾向を多く見ることが出来ます。SAMSUNGのGalaxyS6シリーズがいいという人たちがおられるようですが、SAMSUNGのGalaxyS6シリーズの場合、バッテリーのその流れにはかなり逆行しているともいえます。
SIMフリー端末メーカー各社に対してこのようなことをもっと考えていただきたい問題です。
キャリア契約ナシではバッテリー交換を含む修理サポートが受けられない環境があります。まるでスマートフォンはバッテリーなど交換すべきではない、使い捨て商品だと言っているようなものではありませんか。
 

Posted in 未分類 at 11月 1st, 2015. No Comments.

スマホ 充電 バッテリーは交換したい

スマホ 充電がなかなか出来ないで困っている人たちもおられるでしょうか。バッテリーの問題もかなり深刻です。バッテリーはすぐに交換出来るスマートフォンの方が私達にとって都合が良いと考える人たちも多くいらっしゃるのではないでしょうか。
バッテリー交換出来るスマートフォンを一番多くラインアップしているのはauのようです。
LG Electronics製のスマートフォンにその傾向を多く見ることが出来ます。SAMSUNGのGalaxyS6シリーズがいいという人たちがおられるようですが、SAMSUNGのGalaxyS6シリーズの場合、バッテリーのその流れにはかなり逆行しているともいえます。
SIMフリー端末メーカー各社に対してこのようなことをもっと考えていただきたい問題です。
キャリア契約ナシではバッテリー交換を含む修理サポートが受けられない環境があります。まるでスマートフォンはバッテリーなど交換すべきではない、使い捨て商品だと言っているようなものではありませんか。
 

Posted in 未分類 at 11月 1st, 2015. No Comments.