宿泊のスマホアプリの比較

旅行が好きでよく遠くに行くという方も多いことでしょう。そんな方のために、ホテルや旅館を紹介しているサイトも少なくありません。一方でスマホですぐ使える宿泊施設検索アプリも多くあります。どんなものがいいのか比較してみました。まず押しも押されもせぬ人気のアプリがじゃらんです。人気の観光地に行っても空き室の宿泊施設を検索できます。視認性に非常に優れており、ゴチャゴチャとした感じが一切ありません。起動すればすぐに検索画面が立ち上がるようになっており、検索すれば2万件以上の選択肢からお気に入りの宿泊施設を選ぶことができます。検索方法も多彩で使いやすいアプリです。今すぐ泊まれる宿泊施設を探すのであれば楽天トラベルも人気のアプリです。宿泊施設の中をバーチャルで散策できる機能もあるので、イメージをつかみやすくなっています。観光情報も掲載されているので、観光でも出張でも使いやすいアプリです。続いて評価が高いのがホテル予約旅比較ねっとです。大手旅行サイトが提供する宿泊プランを比較することができるアプリで、おすすめ順や安い順に比較することができるので自分にもっともあったプランを選ぶことができるでしょう。これらのアプリは無料なので、一つはスマホに入れておくと便利です。
スマホカメラ撮影テク

Posted in 未分類 at 12月 31st, 2015. No Comments.

格安スマホが登場をしてからは、、、

“今では、購入する人も増えてきている格安スマホですが、この格安スマホが登場をした事で、iPhoneや他のスマホが売れなくなるのではという心配が行ってきています。
やはり、スマホは値段が高いといったイメージがあるのですが、格安スマホであれば1万円ぐらいで購入ができるものもあります。
もしも、メーカーに強くこだわらない人であれば、格安スマホで十分ですよね。
そして、最近では新機種を購入した時に、キャッシュバックを止めようという動きも出てきています。
そのキャッシュバックを止めて、月額料金を安く使用という国も進めているようです。
なので、またスマホを変えるという人も少なくなってくるようなイメージもあります。
キャッシュバックがあるからこそ、スマホを2年に1度変えていたような人も多いと思います。
しかし、それがなくなってしまえば、スマホを変える人もちょっと減ってくると感じてしまいます。
これからのスマホの売れ行きも気になってしまいますね。
きっと高いスマホが売れなくなってくるでしょうから、価格の部分でも心配になっちゃいます。
これから携帯会社の対応もどのように変化をしていくのかをしっかりと見ておかなくてはいけません。”

Posted in 未分類 at 12月 29th, 2015. No Comments.

<ソフトバンク>通信量少ない人月5000円以下プラン計画

<ソフトバンク>通信量少ない人月5000円以下プラン計画
スマートフォン向けの新しいプランを始める方針を固めたソフトバンクです。総務省による低価格プラン導入の要請を受け入れることとなりました。NTTドコモ、KDDIも同様のプラン導入を検討するとしています。低価格となるとソフトバンクが常に業界をけん引してきた自負がありますから、ここは先陣を切った形となりました。高市早苗総務相が同日、3社の社長を呼んで、通信量が少ない利用者の料金引き下げなどを要請しています。面談後、ソフトバンクの宮内謙社長は報道陣に対し「いろいろとやっていきたい」と述べて、具体策を検討する考えを明らかにしたのです。大手3社の料金は、データ通信の上限を毎月2ギガバイトに設定しているプランが一番安くなっています。それでも通話のかけ放題と組み合わせると、3社とも6000円を超えます。2ギガバイト未満しか使わない利用者は割高な料金を支払っていることになるので、不満が高まっていた面もあるのです。ソフトバンクは、通信量の上限を引き下げるなどして料金総額を5000円以下に抑える方針です。機種代金の実質0円もなくなる方向ですので、これからは料金プランが大幅に改定されそうな雰囲気になってきました。

Posted in 未分類 at 12月 28th, 2015. No Comments.

災害にスマホの充電!どんな方法がいいの?

” 22400mAh大容量モバイルバッテリーなど、これであれば災害時にも安心といえるでしょう。だだし、停電が長引いてしまえば、頼りになるのか乾電池ということになります。乾電池は入れ替えるだけなので、充電器そのものの電気を考える必要がありません。また、エネループなどの充電式の乾電池を使えば、普段は家庭用の電源から充電しながら活用することができるのです。ただし、言うまでもないことかもしれませんが、災害時に活用するためには乾電池が必須なので、防災セットの中に乾電池などを用意して奥必要があります。基本的には災害時には乾電池が必須となりますが。それも限度があるでしょう。そのときのためにも大容量モバイルバッテリーが便利なのです。過去の災害時にもインターネットは切断されることなくどこでもアクセスできました。現在のスマートフォンの普及率を考えると、震災などの災害時にとても大きな力を発揮してくれることでしょう。災害時に必要なのは物資もさることながら正確な情報です。その正確な情報を得るツールがスマホであり、その活動を支えるのが大容量モバイルバッテリーなのです。一度の充電さえすれば数日もつのはとても心強いものでしょう。

Posted in 未分類 at 12月 25th, 2015. No Comments.

子供用スマホ機能が良くなっていますね

携帯会社でも、子供用のスマホが出てきていますよね。
そんな子供向けのスマホも、子供が安心して使用ができるように機能も多く付けられています。
そんな中、auがまたより子供スマホの機能を良くするためのソフトフェアを作ったみたいです。
それは、スマホを使用して親子でアプリの使用方法を決めれるというものだそうです。
子供がその決まりを守っていれば、カレンダーにも○という表示が出て、それを親が確認できるようになっています。
親も、しっかりと子供のスマホ使用の管理ができない場合もあります。
しかし、このソフトウェアがあれば、きちんと管理ができるようになりますね。
また、親のスマホからアラームを鳴らす事も可能となっています。
子供がマナーモードにしていたとしても、アラームを鳴らして時間を知らせる事もできるのです。
こんな機能が使用できるようになると、子供も安心ですよね。
ちょっと離れた場所にいても、すぐに連絡をする事ができます。
やはり、子供にはスマホを安心して使用をしてもらいたいので、こういった改善が見れると嬉しいものですね!
子供がスマホを持つ時代になってきたからこそ、こういう機能がどんどん良くなっていくといいなと感じています。スマホはデザイン!購入の決め手は機能や使い勝手だけじゃない

Posted in 未分類 at 12月 23rd, 2015. No Comments.

auスマホかHuawei SIMフリースマートフォン Ascend G6 ブラック か

高額なauスマホを求めていくのも良し、お金のない人たち、スマートフォンにそれ程お金をかけるべきではないと思っている賢い人たちは、【Amazon.co.jp限定】Huawei SIMフリースマートフォン Ascend G6 ブラック など選択してみてはいかがでしょうか。
1万円というスマホではなく、2万円程度するスマホなので、滅茶苦茶格安スマホと言う訳ではありませんが、 やはり、1万円スマホと比較すれば、2倍程度レベルが上という感じでしょうか。
LTE通信可能スマホ、最低レベルでこの程度は求めていくべきかもしれません。 ネットサーフィンやスマホゲームをするという人たちには、5インチモデルをおすすめします。 チマチマ画面をスクロールするスマートフォンではちょっとつらいと感じる時って時々はあるかと思います。
実際に価格が安いと言うとに大きな魅力はあるものの、それだけ私達は、スマートフォンに対して妥協はしなければなりません。妥協出来れば格安スマホで充分なのです。

Posted in 未分類 at 12月 22nd, 2015. No Comments.

強化した湾曲形状の「G Flex 2」を発表

スマートフォンの最新モデルを発表した、LGのFrank Lee氏です。すでに発売されている、G Flex 2は、日本ではKDDIから発売されたG Flexの後継機です。会見で同モデルを披露したLGエレクトロニクス モバイルコミュニケーションUSAのブランドマーケティング担当、Frank Lee氏が「大幅によくなった」と語っているように、前年に発売されたG Flexよりも、機能性やデザイン性が大きく向上しているのです。今回の端末はカーブしたデザインが最大の特徴です。背面には星空をモチーフにしたというヘアライン加工が施されているのです。機能面では、64ビットCPUを採用する最新のチップセット「Snapdragon 810」を採用しています。CPUはオクタコア(8コア)で、2.0GHz駆動なのです。4つの高機能なコアと4つの省電力なコアを駆動させる、big.LITTLE技術が採用されているのが今回の新機種の特徴となっています。カメラは、LG製のフラッグシップモデルに搭載されてきた「光学手ブレ補正」や「レーザーオートフォーカス」に対応。ブレが少ない写真を撮ることができて、フォーカスが合うのも早いのが特徴なのです。画素数は1300万画素となっています。LG、機能やデザインを大幅にhttp://www.samsung.com/jp/contents/guide/smartphone-camera.html

Posted in 未分類 at 12月 21st, 2015. No Comments.

au スマホ?私はfreetel priori 2

auスマホもいいですが、1万円程度で購入出来るスマートフォンと言うのはどうでしょうか。 3G専用スマホなら、1万円以内で購入することが出来ます。メインのスマートフォンと言うのなら、やっぱり3万円程度のスマホを求めるべきかもしれませんが。
高速通信(LTE)に対応ということまで考えると到底、1万円程度のスマホでは無理です。どこまで妥協出来るかと言うことが格安スマホの鍵です。メール、テキストメッセージ、簡単な調べ物、ニュース程度を閲覧したい、カメラも使用したいくらいならば格安スマホでも全然問題はないはずです。
音声通話が不要と言うのなら格安SIMも月300円程度、その後の維持費は数百円~1000円と言った感じで使用することが出来てしまうのです。
まずスマホを確保しさへすれば、それ程維持費はかかりません。FREETELの「freetel priori 2」、このようなスマホに一度注目してみましょう。 端末価格は奇跡の9980円、1万円以下です。

Posted in 未分類 at 12月 17th, 2015. No Comments.

ドコモ スマホ ラインアップ

ドコモ スマホも2015~2016冬春モデルが発表されたとのことです。13種類の新しいスマホタブレット ドコモ ケータイ モバイルWi-Fiルーターが登場します。
docomo2015~2016冬春モデルの特徴は、世界初の4Kディスプレイを搭載したこと、そして「PREMIUM 4GTM」受信時最大300Mbpsに対応しこと、生体認証機能を搭載した機種および対応サービスの拡充、 VoLTEの海外対応、 最新のAndroidTM 6.0搭載、更にDisney Mobile on docomoのスマートフォンなど、いろいろなお客様のニーズにしっかり応えてくれようとしています。
arrows Fit F-01H、 XperiaTM Z5 SO-01H、 AQUOS ZETA SH-01H Galaxy Active neo SC-01H XperiaTM Z5 Compact SO-02H XperiaTM Z5 Premium SO-03H arrows NX F-02HAQUOS Compact SH-02H Disney Mobile on docomo DM-01H がdocomoスマートフォンのラインアップです。
あなたは、どのdocomoスマートフォンでしょうか。 
こちら

Posted in 未分類 at 12月 16th, 2015. No Comments.

スマホの基本的な特徴について

「機種変更に悩んでいる方」「スマートフォンって何が出来るんだろうと思っている方」と思っている人にスマホができることをおさらいしてみます。まず以下のことができます。
・通話ができます
・メールができます。
・カメラが使えます。
・インターネットができます。
スマホは基本的にそんな機械になります。といってもこれは当然のことでしょう。このような中でも、スマートフォンの本体自体が進化しているものがあります。赤外線通信が出来るようになったものやSDカードのような外部メモリーが使えるもの、さらには・おサイフケータイが出来たりするものなどですが、これだけなら、普通の携帯電話とそんなに変わらないですね。それでもスマホの最大の特徴といってもいいのが、パソコンと同じように使うことが出来るということです。もっとも、パソコンで出来る機能が全部できるという訳ではありません。
・基本的なメール機能
・インターネット機能
・表計算
・ワープロ機能など
更に、言わずもがなですがスマートフォンでは無線LANを使う事ができるようになっているのです。
こうなってくるとまさに携帯できるパソコンというイメージがぴったりですし、スマホはまだまだ進化しているのです。

Posted in 未分類 at 12月 12th, 2015. No Comments.