“「Xperia X」「GALAXY S7 edge」登場/LINE白飛び画像の正体とは? “

LINEで送られてきたお父さんのイラストが注目を集めていますが、遠く離れたスペイン・バルセロナでは年に一度のモバイル祭り「Mobile World Congress 2016」が開幕しました。今回のITmedia Mobile Weekly Top10は、2月22日から2月28日までに読まれた記事のアクセスランキングを集計しました。先週は、親がLINEで謎の白飛び画像を送ってきた……という記事がトップとなっています。その正体はとある家庭の愛犬「メイ太郎」のイラストなのですが、どうしてこんな格好になったのか。そしてお父さんがイラストを描いたのは、なにか大事な書類の余白なのではないか? という疑念が尽きない内容です。 そんなお父さんのよさげなイラストが注目を集める直前、遠く離れたスペイン・バルセロナでは年に一度のモバイル祭り「Mobile World Congress 2016」が開幕しました。これに合わせて、ソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia X」シリーズ、Samsungの「Galaxy S7」シリーズ、LG Electronicsの「G5」など、注目のスマートフォンが続々登場したのです。Top10の2位以降は、Xperia XとGalaxy S7の話題が多数ランクインしています。

Posted in 未分類 at 3月 25th, 2016. No Comments.

ドコモスマホ カメラで遊ぶ

ドコモスマホを購入する人たち、Androidスマホで大丈夫でしょうか。Androidってカメラは、画素が多くていいと言いますが、本当に画素が生きて来るのは、現像して引き延ばす場合です。

しかし、ほとんどの人たちは、別にスマホカメラで撮った写真を現像などしないのではないでしょうか。

だったら、iPhoneの800万画素程度で大丈夫ですし。そして、本当のことを言えば、意識しなければならないのは、画素と言うことでなく、解像度の方です。

普通の人たちって、真剣にカメラの写真をプリントして、引き延ばししようというモチベーションではなくて、遊びなのです。

スマートフォンを購入する人たちは、シャッターの速さを意識して、解像度を意識して、更に加工機能と言うものを意識していただきたいのです。フィルターやトリミングなどちょっとした加工はプリインの編集機能がやっぱり欲しいです。加工アプリに頼る以前、そのようなものはスマートフォン本体に期待したいです。

  

Posted in 未分類 at 3月 20th, 2016. No Comments.

AndroidとiPhoneの違いを比較!2016年

iPhone6s、iPhone6s plusが発売され、iOS9がリリースされた後の最新のiPhoneとAndroid(アンドロイド)スマホの比較についてまとめます。iPhone6plusとiOS8の登場以降は、これまでAndroidでは簡単に出来たのにiPhoneではできなかったことが、かなりiPhoneでもできるようになりました。また、iPhone6s plusの登場とiOS9によって、iPhoneにしかできないことも増加しました。安定的にiPhoneが上回っている要素もあります。しかし、依然としてAndroidならではの超便利な機能があります。AndroidスマホよりiPhoneが良い点はどういったところでしょうか。iPhoneとAndroidはOSが異なります。ゲームで例えると、ニンテンドー3DSとPlayStation Vitaのようなものです。ゲーム機という点では共通しているものの、内部構造は異なり、使い勝手は異なります。それぞれ専用のソフトを使うことになるのです。スマホも同様であり、iPhoneはiOS対応のアプリをiTunesでダウンロードして、AndroidはGoogle Playでダウンロードします。もっとも、LINE、Skype、evernoteなど大人気のアプリや有名アプリは、iPhone・Androidのどちらでも利用できることが多いです。iPhoneとAndroidは同じスマホでも違いが多数あり、使い勝手が異なります。それぞれメリットとデメリットがあるのです。
スマホバッテリーの基本

Posted in 未分類 at 3月 15th, 2016. No Comments.

デジタルズームとは画質が全然違う

デジタルズームとは画質が全然違う光学ズーム付きスマホのZenFone Zoomです。本体側面には動画用と静止画用それぞれのシャッターボタンがあります。これを長押しすると自動的にカメラが起動するのです。本体背面の一部が少し凸っていてグリップしたとき指が引っ掛かるようになっているのと同時に、カメラっぽさを表すギミックにもなってるのが面白いところです。起動は、ズームレンズが入っている割には遅くはありません。画素数は1300万画素、レンズは3倍ズーム。35ミリ判換算で28~84ミリで、3倍ズームレンズとしては非常に標準的で使い勝手のいいレンジとなっています。レンズの明るさは広角側でF2.7、望遠側でF4.9。ちなみにこのF値は小さければ小さいほど明るく(光をたくさん通す)、暗所に強くなります。iPhone 6sはF2.2、Xperia Z5はF2.0となっています。今時のスマホはだいたいこのくらいです。ズームレンズにするとどうしても明るさ的には不利なのですが、F2.7で抑えたのは立派だともいえるでしょう。基本となる広角側で、比較対象としてiPhone 6s Plusでも撮影。画素数は1300万画素と1200万画素で、似たようなものです。画角も28ミリ相当と29ミリ相当で、ほぼ同じですが全く遜色のない仕上がりになっているのはさすが光学ズームという印象です。
 

Posted in 未分類 at 3月 8th, 2016. No Comments.

スマホ比較ドコモの学割VS MVNO(OCNモバイルONE)

スマホ比較しましょう。その時、ドコモの学割はどうなのでしょうか。ドコモだけでなく、auもSoftBankも参戦して来ています。

docomoの学割を適用させる場合には、データMパック以上が条件です。適用されると、U25応援割と合わせて合計11GBを利用することが出来ます。
なので、OCNモバイルONEもそれに合わせて10GBで計算すれば、カケホーダイプランは、基本料 2700円、カケホーダイライト
は1700円、OCNモバイルONEは、 700円なので、確実にOCNモバイルONEが上です。

docomoの学割の料金は最大12ヶ月なので、2年目カケホーダイプランが6700円から7500円ですよ。OCNモバイルONEについては年数に関わらず料金の変化はありませんし。

しかし、データ容量が10GBも要らないと言う人たちも多いのです。10GBが要らないと言うのなら、5GB、3GBと容量を減らすことも出来ますし、OCNモバイルONEに利点は大きいのではないでしょうか。

Posted in 未分類 at 3月 6th, 2016. No Comments.

スマートフォンで内職

今、側にスマートフォンがあるから、スマホで内職をと考える人たちも結構多いようです。しかし、スマートフォンで副業というのはまだまだ新しい世界なので、用心しなければならないところもあるのではないでしょうか。

そんなに安易にスマートフォンで儲けちゃってもいいものでしょうか。

しかし、インターネットで世界が繋がっていれば、もう会社に行く必要はなく、全部自宅で仕事を行うという世界が作られてもいいはずです。実際に私達は、どれだけ、毎日通勤することで時間のロスをしているのでしょうか。

そして、インターネットで稼ぐつもりなら、もっと多くの額を稼ぐことも絶対に夢ではないのです。しかし、問題は、まだまだインターネットで仕事という世界が確立していないということ。労働組合が戦うと言うこともありませんし、都合のいい感じで、一番の最低賃金で労働させられているということもあるかもしれません。

 

しかし、育児に専念しなければならない専業主婦だって、スマートフォンから内職だったら。まだまだ未来が開拓出来る世界なのです。

スマートフォン au

Posted in 未分類 at 3月 3rd, 2016. No Comments.