スマホのカメラの基本性能はどこも甲乙つけがたい感じです

スマホのカメラ機能ですが、日本のスマホ市場では大人気となっているiPhone6のカメラの画素数は800万画素です。これは2014年時のデータですが、当時のAndroid陣営のスマホのハイエンド機はすでに1千万画素を超えていて、XperiaZ2に至っては2千万画素というものでした。デジカメでも10数年前に100万画素を超える一眼レフなどがあった時代を考えると技術の進歩やコストダウンというものはものすごいものがあると感じます。そこでiPhone6のカメラの画素数が800万画素ということで見劣りすると感じる人もいるかもしれません。他の1千万画素のカメラで撮影した画像と比較するサイトがたくさんあるのですが、意図してiPhoneで撮影した画質を悪く見せるようなものもあり、これは違いを明確にする意図があると思われるのですが、実際に800万画素から上になると全ての画像が綺麗に見えますからこのあたりはもう人間の目の限界と言ってもいいかもしれません。これからは画素数を上げながらも撮影オプションのほうでしのぎを削る構図になるかもしれません。また、シャッタースピードや奥行き感など画素数とは関係の無い部分でのカメラの基本性能の部分も大きく左右するのは当然ですし、どのメーカーも甲乙つけがたいというのが正直なところですね。Galaxy

Posted in 未分類 at 9月 30th, 2015. No Comments.

スマホのカメラの基本性能はどこも甲乙つけがたい感じです

スマホのカメラ機能ですが、日本のスマホ市場では大人気となっているiPhone6のカメラの画素数は800万画素です。これは2014年時のデータですが、当時のAndroid陣営のスマホのハイエンド機はすでに1千万画素を超えていて、XperiaZ2に至っては2千万画素というものでした。デジカメでも10数年前に100万画素を超える一眼レフなどがあった時代を考えると技術の進歩やコストダウンというものはものすごいものがあると感じます。そこでiPhone6のカメラの画素数が800万画素ということで見劣りすると感じる人もいるかもしれません。他の1千万画素のカメラで撮影した画像と比較するサイトがたくさんあるのですが、意図してiPhoneで撮影した画質を悪く見せるようなものもあり、これは違いを明確にする意図があると思われるのですが、実際に800万画素から上になると全ての画像が綺麗に見えますからこのあたりはもう人間の目の限界と言ってもいいかもしれません。これからは画素数を上げながらも撮影オプションのほうでしのぎを削る構図になるかもしれません。また、シャッタースピードや奥行き感など画素数とは関係の無い部分でのカメラの基本性能の部分も大きく左右するのは当然ですし、どのメーカーも甲乙つけがたいというのが正直なところですね。Galaxy

Posted in 未分類 at 9月 30th, 2015. No Comments.

スマホのカメラの基本性能はどこも甲乙つけがたい感じです

スマホのカメラ機能ですが、日本のスマホ市場では大人気となっているiPhone6のカメラの画素数は800万画素です。これは2014年時のデータですが、当時のAndroid陣営のスマホのハイエンド機はすでに1千万画素を超えていて、XperiaZ2に至っては2千万画素というものでした。デジカメでも10数年前に100万画素を超える一眼レフなどがあった時代を考えると技術の進歩やコストダウンというものはものすごいものがあると感じます。そこでiPhone6のカメラの画素数が800万画素ということで見劣りすると感じる人もいるかもしれません。他の1千万画素のカメラで撮影した画像と比較するサイトがたくさんあるのですが、意図してiPhoneで撮影した画質を悪く見せるようなものもあり、これは違いを明確にする意図があると思われるのですが、実際に800万画素から上になると全ての画像が綺麗に見えますからこのあたりはもう人間の目の限界と言ってもいいかもしれません。これからは画素数を上げながらも撮影オプションのほうでしのぎを削る構図になるかもしれません。また、シャッタースピードや奥行き感など画素数とは関係の無い部分でのカメラの基本性能の部分も大きく左右するのは当然ですし、どのメーカーも甲乙つけがたいというのが正直なところですね。Galaxy

Posted in 未分類 at 9月 30th, 2015. No Comments.

スマホのカメラの基本性能はどこも甲乙つけがたい感じです

スマホのカメラ機能ですが、日本のスマホ市場では大人気となっているiPhone6のカメラの画素数は800万画素です。これは2014年時のデータですが、当時のAndroid陣営のスマホのハイエンド機はすでに1千万画素を超えていて、XperiaZ2に至っては2千万画素というものでした。デジカメでも10数年前に100万画素を超える一眼レフなどがあった時代を考えると技術の進歩やコストダウンというものはものすごいものがあると感じます。そこでiPhone6のカメラの画素数が800万画素ということで見劣りすると感じる人もいるかもしれません。他の1千万画素のカメラで撮影した画像と比較するサイトがたくさんあるのですが、意図してiPhoneで撮影した画質を悪く見せるようなものもあり、これは違いを明確にする意図があると思われるのですが、実際に800万画素から上になると全ての画像が綺麗に見えますからこのあたりはもう人間の目の限界と言ってもいいかもしれません。これからは画素数を上げながらも撮影オプションのほうでしのぎを削る構図になるかもしれません。また、シャッタースピードや奥行き感など画素数とは関係の無い部分でのカメラの基本性能の部分も大きく左右するのは当然ですし、どのメーカーも甲乙つけがたいというのが正直なところですね。Galaxy

Posted in 未分類 at 9月 30th, 2015. No Comments.

スマホのカメラの基本性能はどこも甲乙つけがたい感じです

スマホのカメラ機能ですが、日本のスマホ市場では大人気となっているiPhone6のカメラの画素数は800万画素です。これは2014年時のデータですが、当時のAndroid陣営のスマホのハイエンド機はすでに1千万画素を超えていて、XperiaZ2に至っては2千万画素というものでした。デジカメでも10数年前に100万画素を超える一眼レフなどがあった時代を考えると技術の進歩やコストダウンというものはものすごいものがあると感じます。そこでiPhone6のカメラの画素数が800万画素ということで見劣りすると感じる人もいるかもしれません。他の1千万画素のカメラで撮影した画像と比較するサイトがたくさんあるのですが、意図してiPhoneで撮影した画質を悪く見せるようなものもあり、これは違いを明確にする意図があると思われるのですが、実際に800万画素から上になると全ての画像が綺麗に見えますからこのあたりはもう人間の目の限界と言ってもいいかもしれません。これからは画素数を上げながらも撮影オプションのほうでしのぎを削る構図になるかもしれません。また、シャッタースピードや奥行き感など画素数とは関係の無い部分でのカメラの基本性能の部分も大きく左右するのは当然ですし、どのメーカーも甲乙つけがたいというのが正直なところですね。Galaxy

Posted in 未分類 at 9月 30th, 2015. No Comments.

ドコモのスマホの翻訳機能

スマホは日常生活でもさまざまな場面で活躍する便利な道具です。近年では海外に持って行って使用する人も増えてきましたし、ビジネスマンにとっては欠かせない存在になりつつあります。そんな海外でのスマホ利用者のためにドコモが試験的に提供しているのが「てがき翻訳」というアプリです。これはスマホに手書きで書いた文字を専用のサーバーに送って認識し翻訳するというもので、英語、韓国語、フランス語、中国語と日本語を翻訳することが可能です。これによって日本にやってくる外国人はもちろん、将来的には海外に旅行している日本人にとっても心強い味方となってくれるでしょう。ただし2015年9月に試験的に提供されているアプリなので、年内は無料ですが、その後はまだ未定となっています。東京オリンピックに向けて、さらに外国人観光客が増加することが見込まれ、需要は増えていくでしょう。もしかするとお土産屋さんなどの個人事業主がダウンロードして、接客に使うということもできるかもしれません。現在は羽田空港国際線旅客ターミナルで空港職員が訪日外国人を案内するために用いており、その結果をもとにより使いやすいアプリが開発されていく予定になっています。

Posted in 未分類 at 9月 29th, 2015. No Comments.

ドコモのスマホの翻訳機能

スマホは日常生活でもさまざまな場面で活躍する便利な道具です。近年では海外に持って行って使用する人も増えてきましたし、ビジネスマンにとっては欠かせない存在になりつつあります。そんな海外でのスマホ利用者のためにドコモが試験的に提供しているのが「てがき翻訳」というアプリです。これはスマホに手書きで書いた文字を専用のサーバーに送って認識し翻訳するというもので、英語、韓国語、フランス語、中国語と日本語を翻訳することが可能です。これによって日本にやってくる外国人はもちろん、将来的には海外に旅行している日本人にとっても心強い味方となってくれるでしょう。ただし2015年9月に試験的に提供されているアプリなので、年内は無料ですが、その後はまだ未定となっています。東京オリンピックに向けて、さらに外国人観光客が増加することが見込まれ、需要は増えていくでしょう。もしかするとお土産屋さんなどの個人事業主がダウンロードして、接客に使うということもできるかもしれません。現在は羽田空港国際線旅客ターミナルで空港職員が訪日外国人を案内するために用いており、その結果をもとにより使いやすいアプリが開発されていく予定になっています。

Posted in 未分類 at 9月 29th, 2015. No Comments.

ドコモのスマホの翻訳機能

スマホは日常生活でもさまざまな場面で活躍する便利な道具です。近年では海外に持って行って使用する人も増えてきましたし、ビジネスマンにとっては欠かせない存在になりつつあります。そんな海外でのスマホ利用者のためにドコモが試験的に提供しているのが「てがき翻訳」というアプリです。これはスマホに手書きで書いた文字を専用のサーバーに送って認識し翻訳するというもので、英語、韓国語、フランス語、中国語と日本語を翻訳することが可能です。これによって日本にやってくる外国人はもちろん、将来的には海外に旅行している日本人にとっても心強い味方となってくれるでしょう。ただし2015年9月に試験的に提供されているアプリなので、年内は無料ですが、その後はまだ未定となっています。東京オリンピックに向けて、さらに外国人観光客が増加することが見込まれ、需要は増えていくでしょう。もしかするとお土産屋さんなどの個人事業主がダウンロードして、接客に使うということもできるかもしれません。現在は羽田空港国際線旅客ターミナルで空港職員が訪日外国人を案内するために用いており、その結果をもとにより使いやすいアプリが開発されていく予定になっています。

Posted in 未分類 at 9月 29th, 2015. No Comments.

ドコモのスマホの翻訳機能

スマホは日常生活でもさまざまな場面で活躍する便利な道具です。近年では海外に持って行って使用する人も増えてきましたし、ビジネスマンにとっては欠かせない存在になりつつあります。そんな海外でのスマホ利用者のためにドコモが試験的に提供しているのが「てがき翻訳」というアプリです。これはスマホに手書きで書いた文字を専用のサーバーに送って認識し翻訳するというもので、英語、韓国語、フランス語、中国語と日本語を翻訳することが可能です。これによって日本にやってくる外国人はもちろん、将来的には海外に旅行している日本人にとっても心強い味方となってくれるでしょう。ただし2015年9月に試験的に提供されているアプリなので、年内は無料ですが、その後はまだ未定となっています。東京オリンピックに向けて、さらに外国人観光客が増加することが見込まれ、需要は増えていくでしょう。もしかするとお土産屋さんなどの個人事業主がダウンロードして、接客に使うということもできるかもしれません。現在は羽田空港国際線旅客ターミナルで空港職員が訪日外国人を案内するために用いており、その結果をもとにより使いやすいアプリが開発されていく予定になっています。

Posted in 未分類 at 9月 29th, 2015. No Comments.

ドコモのスマホの翻訳機能

スマホは日常生活でもさまざまな場面で活躍する便利な道具です。近年では海外に持って行って使用する人も増えてきましたし、ビジネスマンにとっては欠かせない存在になりつつあります。そんな海外でのスマホ利用者のためにドコモが試験的に提供しているのが「てがき翻訳」というアプリです。これはスマホに手書きで書いた文字を専用のサーバーに送って認識し翻訳するというもので、英語、韓国語、フランス語、中国語と日本語を翻訳することが可能です。これによって日本にやってくる外国人はもちろん、将来的には海外に旅行している日本人にとっても心強い味方となってくれるでしょう。ただし2015年9月に試験的に提供されているアプリなので、年内は無料ですが、その後はまだ未定となっています。東京オリンピックに向けて、さらに外国人観光客が増加することが見込まれ、需要は増えていくでしょう。もしかするとお土産屋さんなどの個人事業主がダウンロードして、接客に使うということもできるかもしれません。現在は羽田空港国際線旅客ターミナルで空港職員が訪日外国人を案内するために用いており、その結果をもとにより使いやすいアプリが開発されていく予定になっています。

Posted in 未分類 at 9月 29th, 2015. No Comments.