ウェアラブルの「Garmin」

スポーツをするときにも役立つウェアラブルですが、様々なウェアラブルデバイスが販売されていますので、どこウェアラブルを使えば良いのか悩んでしまう人もいるでしょう。
そうした人は「Garmin」のウェアラブルを使ってみると良いでしょう。
Garminのウェアラブルには、ランニング用、フィットネス用、ゴルフ用、アウトドア用、マルチスポーツというカテゴリーに分けられます。
ランニング用には20種類、フィットネス用には8種類、ゴルフ用には3種類、アウトドア用には種類が用意されています。
ですので、自分に合ったウェアラブルを選びやすいと思います。
ランニング用の最新ウェアラブルはマルチスポーツ機能と手首での心拍数測定機能を搭載したGPSランニングウォッチで、レース日の負荷を軽くしたいアスリート向けになっています。
フィットネス用の最新ウェアラブルは心拍数を手首で24時間365日計測でき、その心拍数を使用して消費したカロリーを知ることができる便利なウェアラブルです。
ゴルフ用の最新ウェアラブルはスタイリッシュな腕時計型で、ゴルフコースで高性能を発揮してくれます。
アウトドア用は見やすいカラー液晶で100m防水やコンパス、気圧高度計やGセンサーが搭載されています。

Posted in 未分類 at 11月 19th, 2016. No Comments.

スマホのバッテリーの減りが早い!寿命を縮める やってはいけない充電方法

充電しながらスマホを使うとバッテリーの寿命を短くする。充電しながら、ゲームやYouTube動画を見ると、バッテリーが発熱して劣化が進む。本体とバッテリーを発熱させるような充電は、バッテリー電池の劣化を早める原因になる。充電しながら、電話をするとバッテリー電池が発熱して劣化が進む。また、フル充電にしたまま放置しているということはないだろうか?充電器に繋げたまま、満充電の状態を続けるとバッテリーが劣化しやすくなる。満充電にも関わらず充電し続ける過充電状態を続けるとバッテリーの劣化の大きな要因となる。数時間おきに継ぎ足し充電をすると、バッテリーの劣化が早まる。スマホ端末の温度上昇がバッテリーの劣化に大きな影響をもたらす。スマホに使われているリチウムイオン電池は高温の場所では消耗が激しく、劣化が進むのだ。リチウムイオン電池の許容周囲温度は45度と言われている。スマホの設定変更などをしてバッテリーの消費を抑えよう。スマートフォンの標準設定を少し変更するだけで、無駄なバッテリーの消費を抑えることができる。例えば、画面の明るさやGPS機能の設定を変更するだけでも、バッテリーの持ちは良くなる。また、画面設定で、明るさや操作可能時間などを必要最低限にすることでバッテリーを節約、節電することができることになる。
www.samsung.com/jp

Posted in 未分類 at 11月 5th, 2016. No Comments.